パナソニックが同性婚を認める

パナソニックが同性婚を認めるとかってニュースになってますけど、これは凄いですね~ 企業がこういった同性婚や同性パートナーに関する事については「LGBT」(性的少数者)っていう感じで表現するようですが、日本IBMやレナウンなんかも同じ動きがあるというか同姓愛を認める感じのようですが、ここ最近になってこういったの多いですよね~

確かに同姓愛者っていうのは今では普通になってきてる感じがしますよね。渋谷区がパートナーシップ証明書なんていうのを発行したりとかっていう事になってますし、でも企業がこういった同性婚的な物を認める場合にこのパートナーシップ証明書みたいな物を提出とかってしなかった場合に、どのタイミングで企業側に例えばパナソニックの人事とかに言うのだろうかっていう疑問がありますね。

例えばお付き合いしてる段階で盛り上がりまくってその勢いで申請したけど別れちゃったりとかしたらどうするのかな~とかっていう思いがあります。

というのは男女が婚姻届を出した場合って離婚するのにそうとう労力がかかるので簡単には離婚ってしないと思いますけど同性婚の場合には法的な縛りがないので簡単にさよならしちゃうんじゃないかな~とかって思うんですよね・・・?

そして一番気になるのが周囲に同性愛者ってバレてるならいいんですけど、隠してた人がそういった制度が社内的に出来たからといってどこまで利用出来るのかっていう話があると思います。いくら会社で認めたとしても働いてる人全員が賛同出来るというものでもないからです。ましてや途中でいきなり制定されるルールというか社内規定になるわけですしw まぁ~露骨に同性愛者を嫌がるっていう時代でもないのでそういった人って少ないとは思いますけど、絶対にいないとは言い切れないですよね。

カテゴリー: 政治経済コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://www.chassaignes.net/%e3%83%91%e3%83%8a%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%8c%e5%90%8c%e6%80%a7%e5%a9%9a%e3%82%92%e8%aa%8d%e3%82%81%e3%82%8b.html/trackback

PAGE TOP ↑