クプアス48がリコール

クプアス48がリコールとなったみたいですね。

ボンバダテルが最終決定した仕様と実際に出荷されたロッドでティップの太さが違ったようです。

ボンバダテルが強くリコールを要望したっていう事をTwitterで呟いてるので、テルさんが強く言わなかったらツララはリコールはなってなかったのかなぁ・・・とそんな風に思ってしまいました。。

そして、ツララのクプアス48がリコールになった理由はカーボンシートの番手が同じでも仕入れた工場によって差異が出たっていう事みたいです。

カーボンシートの番手が同じでも仕入れた工場によって差異が出るんですね。そんな事あるんだぁ~とビックリしました。

Twitterで検索してみてみましたけど、そこまで大きな騒ぎにはなってないみたいですね。まぁリコールで無償交換だからかもしれません。

そして、気になったのがボンバダテル氏の「絶賛のお声が少ない」っていう部分ですね。

ユーザーの反応で絶賛が少ないからおかしいと思っていたらミスがみつかったっていう・・・

いやぁ・・・まぁモレーナ53とかピメンタ55、アベントゥーラ59などアマゾンで通用するショートロッドはかなり愛用者がいて、ツララでもボンバダテル氏がプロデュースしたロッドってかなり人気がありますよね~ だからネットでも凄いとかっていう絶賛の声が多数あってそれをテル氏も見てたんだと思いますが・・・

今回のクプアス48は在庫結構なかったりして、初回ロットは結構売れてる感じはしてるんですけど、Twitterを検索してみても話題にはあんまり登ってないっていう

ただクプアス48をリコールで交換したら、絶賛されるのかっていうとどうなんでしょうね。

渓流ベイトフィネスジャークで使いやすいっていう事みたいなんですが、ティップが太い方が固くてジャークしやすいと思うんですけどね リコール対象モデルをやや強いモデルとしてそのまま使用も可能と言っているのと矛盾する気がするのは気のせいかな

とりあえず、果たしてクプアス48は銘竿なのかどうかのか? 5月以降の生産分を手にしたユーザーの評価次第といったところでしょうか。

カテゴリー: 釣りコメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://www.chassaignes.net/%e3%82%af%e3%83%97%e3%82%a2%e3%82%b948%e3%81%8c%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab.html/trackback

PAGE TOP ↑